相続税の対象となってしまう可能性は高くなりました

相続税というものは、一部のお金持ちの間のことだけだと考えている人も多いと思われます。しかし、近年、相続税の対象となる金額が下がりました。そのため、予定外に相続税がかかってしまうことも増えているのです。
自分は金融資産が少ないから大丈夫とか、自分の親はあまり貯金がないので大丈夫と考えている人も多いと思われます。しかし、相続税の対象となる資産は金融資産だけではありません。いわゆる不動産もその対象となるのです。たとえば、都心に親が住んでいる場合、その住居の評価額は意外に高かったりするのです。そうなると、予定外に相続税が必要になってしまうこともあるのです。そして、相続税の支払いに苦労してしまうこともあるのです。
その不動産を売却して、それから相続税を捻出するという方法もあります。しかし、不動産というものは、思ったように売れるものではないのです。現金化というのは、簡単にできるものではないのです。場合によっては、相続する金融資産はほとんどないのに、相続税が必要になることもあるのです。こうなると、とても大変なことになってしまうのです。
こうならないためにも、親などの所有する不動産については、あらかじめ、きちんと評価額を把握しておくことが必要になります。そうすれば、心の準備もできていて、慌てることは少なくなるといえます。そして、金融資産について、保険を活用することも検討するといいでしょう。一括払いの生命保険などに加入しておけば、相続人は、保険金として、お金を受けとることができます。そして、うまく活用すれば、相続税が発生しなくなるのです。また、贈与税がかからないようにしながら、少しずつ生前贈与をしていくこともお勧めできます。亡くなった人の金融資産がとても多い場合には、相続税を支払うことは難しくはありません。しかし、ぎりぎりのラインで相続税の支払いとなった場合には、とても大変なことになるそうです。相続する人たちが苦労しないように、元気なうちに準備しておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です