仲が良いと自負する家族ほどトラブルが起こりがちです

かつて相続対策としての土地活用提案を行っていた時期に何度か相続トラブルに遭遇しました。中でもよく経験したのが、相続人の配偶者が絡むトラブルです。そしてこのケースに共通していたのが被相続人を含む家族そのものは仲が良かったという点です。
現預金や不動産を複数所有している場合、一般的には生前に遺言書を作成しておくことが望ましいとされています。しかしもともと仲が良いと認識している家族は「そんなもの無くてもいい。ウチにはトラブルなんて関係無い」と考え、遺言書の作成を拒みます。せいぜい口約束で「長男にはあそこの土地と自宅を、長女には現金で〇円程度」としているくらいで、中には自身の資産についてまるで把握していないというケースもありました。
そしてこうした家族に限って、相続人の配偶者が相続割合等の権利について詳しいケースがよくあるのです。「私が相続税の試算をしてあげる」から始まり「この程度の遺産分けではもったいない。法的にはもっと貰える」と意見し時には「現金に加えてあそこの土地を相続すればちょうどいい」など分割方法にまで口を挟むようになります。こうなると必ずと言ってもいい確率で揉めます。特に当事者である相続人は、仲が良かった家族関係を壊したくないという想いと配偶者を含む自身の家族を守りたいという想いの両方に挟まれ何も言えなくなります。そうなると情に訴える家族側と法を盾に取る配偶者とで争いとなり、収集が着かなくなってしまうのです。
こうならない対策は、やはり遺言書の作成です。被相続人が自身の財産をキチンと掌握しどの財産を誰に分与するのかという意思を明確にしておく必要があります。そして出来ればこうした意思を予め相続対象となる家族にそれとなく示しておくことも必要だと思います。遺言書は作成したら封をして他人の目に触れないようにするものですが、絶対に秘密裏にしておかなければならないというものでもありません。実際「お前には自宅と併せてあの土地を、お前は嫁に出ているからあの銀行の預金を」といったように、ざっくりでも話してあった家族は、比較的円満に相続を済ましています。本当に仲の良い家族とは、こうしたことまで話し合えている家族のことなのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です