1番怖いのは身内

以前に祖父を亡くしました。

祖父は昔気質です、頑固親父がそのまま歳をとりました。
祖父が認知症になり、父親、母親は様々な手続きに追われ、父の妹(私の叔母)もそれなりに顔を出していました。
ピンと張り詰めた緊張感、ギリギリのラインで距離を保って1年ほど経ちましたが、あるきっかけがあり、突然に叔母が怒り出し、こちらに顔を出さなくなりました。

もともと世話をする気は無かったのでしょう、ラッキー!とばかりに顔を出さず、介護や世話はこちらに任せっぱなし、5年が経った頃に祖父が亡くなりました。

そこから叔母が暴れ出します。
祖父が亡くなる1ヶ月前の日付で取得した祖父の銀行口座の残高証明、祖父が生きていた頃に定期的に見に来ていた金庫の中身、すべてを把握しているから家に来いと言いました。
父が行きました。
話の内容は、祖父の遺産として、2000万円を準備すること。これを了承しなければ、強制で揃えてもらうと言われたそうです。
すでに叔母は弁護士を雇っていて、突然の攻撃に寝耳に水、でした。
介護どころか顔も見せなかった叔母家族は、さすがに遺産要求はしないだろうと思っていました。

実際、祖父の介護や施設代、食費、雑費等で祖父の銀行口座の残高はほとんど残っておらず、とても2000万円なんて払えませんし、こちらとしても介護を放棄し5年も経った叔母には遺産なんて祖父が残した公正証書通りの額で大丈夫と思っていました。

慌てて弁護士を探し、契約をして相談し始めました。
叔母の顔も見たくないので、やりとりはすべて双方の弁護士を介しました。

実際には、遺留分というものがあり、公正証書とは別に支払わなければいけない額があることもわかりました。

こちらが費用として支払ったものについてはすべて領収書を提出してほしいと言われ、残していないので困り果て、弁護士さんと相談し、できる限り証明できるお金を増やしました。

そしてこちらが有利になった頃、叔母は手書きで祖父の手書きにみせかけた文書を作成しました。
さすがに弁護士の先生は、これがもし本物ならなぜ最初に出さないのか、と問うてくださりました。

ここまでして、お金がほしいのか、身内が1番怖い存在であるということを知りました。