夫の家の相続の体験談を経て。

夫の祖父が他界した時に、既に夫の父親が亡くなっていた為に、相続は祖父の子供とその子供の子供が相続する事になりました。

もともと、その土地に住んだ事がない私ですが、夫も18歳の時に実家を出たので、その後、祖父は老人ホームに暮していたこともあり、数年に一度数分間会う程度のお付き合いでしたので、祖父からしら私の事は勿論理解していないし、夫の事も最後の方は全く分からない状態でした。

夫も長男ではありますが、仕事が多忙な年齢だったこともありまして、実家にも殆ど帰らない数年間でしたので、本当は祖父が他界した時には、相続の権利を全て放棄して、次男三男で自分の分も分けてほしいとの意見でしたが(私も同感です)
そういうわけにはいかないと、義理母から言われて、次男と三男とも共に祖父の遺産を相続する流になりました。

義理母が弁護士の方にお願いして、遺産分割などについての手続きや、必要な書類を全て揃えてくれたので、夫ははんこうを押すだけの流れでした。
しかし、実際に遺産分割が全て整い、夫がいただける段階になって初めてわかった事は現金が殆どなく、祖父の所有していた家は祖父が長い間一緒に暮していた子供とその家族がそのままその自宅を相続して、残る土地、ガレージや田畑数箇所を分ける形となりました。

しかしいざ、遺産相続をしても、私達夫婦は仕事の関係でその土地で暮す事は100%ありませんし、田畑は勝手に売ったり、他の人が家を建てることも出来ないそうなので、結局こらからその土地に掛かる税金(僅かですが)がかかる事になりました。

また地方色がが強い為に、ガレージをもらった次男三男も売る事が出来ない状態だという事から、代々子供達に名義を変えて、その土地を所有するという事になるそうで、初めての遺産相続にはとても驚く事が多かったです。

私は両親がとても元気で健在なので、まだまだ遺産相続なんて先の事だというイメージがありますが、1人っ子なので、親の相続の事は私が1人の名義になるので、今のうちから相続についての勉強がいると、夫の家の相続を見ていて感じました。
人事ではないと言う意識をきちんと持って、早くから学ぶ事が大事だと感じています。

相続に関しては、http://www.motolaw.gr.jpという法律事務所のサイトが役立ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です